一戸建て選びのポイント

皆さんが、一戸建住宅に魅力を感じるポイントはどこでしょう。
収納がたくさんある、キッチンが使いやすくなった、趣味の部屋が出来た、子供部屋が確保できる、お風呂が広くなった等々、具体的な事がたくさん思い当たるはずです。
家とは「奥様のこと、ご主人のことを思いやる気持ち」「お子様のことを愛しむ気持ち」「ご両親様を労わる気持ち」が、目の前に形あるものとして存在している「家族の気持ち」のカタマリです。
それでは、「家族の気持ち」のカタマリである一戸建てを家族みんなで買いに(建てに)行きましょう!!

ポイント1.自分達の土地に自分達の家がある

当たり前のことですが、大事なことです。その自分達の土地の中には庭があり、駐車スペースがあります。プラス建物です。家族のライフスタイルと「庭」「駐車スペース」「建物」からなる三要素が重なった時に「家族の気持ち」が現実になります。

リビングダイニングルームで家族が食事をするシーン、子供たちが庭で遊ぶ風景、奥様が駐車スペースに車を入れているシーン等、将来の生活がイメージ出来る物件が「家族の気持ち」がたくさん詰まったカタマリなのです。建売住宅でも、注文住宅でも大事なことの一つです。その物件に入居した後の生活をイメージしてみてください。

ポイント2.「住めば都」とはいいますが・・・

一戸建て周辺の住環境も大事なポイントです。
広い敷地の家に住めるとしても、職場からかなり遠い場所になってしまった、小学校までの距離が今までの2倍近くになってしまったとしたら・・・。

「会社に近い」「実家に近い」「小学校・中学校が近い」「買い物に便利」「静かな住宅街」「おしゃれな街並み」等、家族にとって何が大事なことかをみんなで相談して物件を検討する際の優先順位を考えていきましょう。

ポイント3.気持ちと事情

家のことを考えだすと「家族の気持ち」と同時に「家族の事情」が顔を出します。
自己資金はこれくらいで足りるのか。
どこの銀行がお金を貸してくれるの。月々の支払いはいくらくらいなのか。わからない事、不安なことはたくさんあります。

銀行ホームページの融資可能額算出「シミュレーション」機能で、有る程度見当をつけることが出来ます。
また会社の同僚でお家を建てた人(買った人)に、聞いてみることも大事です。
勤続年数、ご年収額も大事な要素です。

ポイント4.御縁やタイミングを大切に

家族で相談したことが決まったら、インターネットや広告などで情報収集をしてみましょう。
情報を出している不動産会社にすぐに連絡する必要はありません。情報を集めることが大事なことです。
建売住宅でしたら現地を散歩ついでに見に行くのも良いですし、注文住宅でしたら住宅展示場に遊びに行く感覚で見に行くのも良いのではないでしょうか。

広告やインターネットの情報を見続けていると、新しい物件の情報や、既存物件の価格変更情報、イベントのお知らせ等、有益な情報が手に入ります。

気になっていた住宅メーカーや物件(建売住宅や土地)の情報に「ピン!」ときたら、メールや電話で問い合わせをしてみましょう。名乗らなくてもいろいろ教えてくれますよ。
それを繰り返していると、信頼できる建築会社(の営業さん)又は不動産会社(の営業さん)に巡り合えます。そしてその会社(の営業さん)と二人三脚で進んでいきましょう。
「明るい明日」が見言えてくるはずです。

実際には物件を購入(所有)するまでに様々なステップがあり、さまざまな購入のポイントがあります。
今回は特に重要な「4つの一戸建て選びのポイント」をご紹介いたしました。

たくさんの情報を収集し、たくさんの話し合いをし、たくさんの場所を見に行き、たくさんの人と会うことで、「家族の気持ち」がカタマリになっていきます。
カタマリのカタチは、人それぞれです。ぜひ、素敵なカタマリ(一戸建て)をご家族で見つけて下さい。

理想の『家』はなかなか見つからない…。 ご希望の物件を見つけ出します! お気軽にお問い合わせください。 Tel. 027-370-5110 メールでお問い合わせる