物件購入

『新築一戸建て or 中古一戸建て』あなたならどちらを選ぶ?それぞれのメリット・デメリット

一戸建てを購入する際に、新築にしようか、中古にしょうかと迷う人は多いのではないでしょうか。どちらがいいいとは簡単には言えませんが、自分に適している方を選ぶことが大事です。そのためには、それぞれのメリット・デメリットを知ることから始めてみましょう。

 

■新築一戸建てのメリット・デメリット

 

(1)メリット

 

①住宅設備や外観の新しさ

住宅設備や外観などが新しいと維持費がかかりませんし、しばらくはリフォームする必要がありません。それに、新しいと気分がいいものですよね。

 

②新しい建築基準法により建築されている

中古物件と違って、現在の建築基準法に従って建築されているので安心できます。

 

③住宅ローンが借り易い

住宅ローンでは購入する物件を担保にするため、新築は担保価値が高いため借り易いのです。

 

④税制面での優遇措置

住宅ローン減税や不動産取得税で新築は中古より優遇されています。

 

⑤売主の瑕疵担保の期間が長い

瑕疵担保とは、家に欠陥などがあった場合に売主が負担する賠償責任のことです。新築は建物構造上・雨漏りなどの瑕疵担保が10年と長いのが特徴です。

 

(2)デメリット

 

①価格の高さ

中古一戸建てよりも購入価格が高くなります。

 

②価値の下落

建築したばかりの時は新築ですが、短期間でも住むと中古物件になります。そのため、新築での購入価格よりも売却する時には価値が下がりますけど、これは仕方のないないことですね。

 

③消費税の負担

新築建物には消費税が課税されますので、消費税がアップされるとその分負担が大きくなります。

 

④購入する建物が契約前に見ることができない

購入する建物は建築後にしか見れないため、モデルルームやモデルハウスで確認するしかありません。

 

■中古一戸建てのメリット・デメリット

 

(1)メリット

 

①価格が安い

中古物件は価値が下がっているので新築より安く購入できますし、広さのわりに安いです。

 

②建物の欠陥の分かりやすさ

長年住んでいると建物の欠陥は発見しやすいので、購入後のトラブルがほとんどありません。

 

③消費税が課税されない場合がある

個人間での取引であれば、土地だけでなく建物にも消費税は課税されません。消費税がアップしても負担は大きくなりません

 

④実際の建物を見て物件を選べる

新築と違って、建物を見て選ぶことができます。

 

⑤同じ価格の新築より条件がいい

同じくらいの価格の新築より立地条件が良い場合が多く、物件数も多いです。

 

(2)デメリット

 

①建物のリフォームが必要

中古一戸建ては老朽化していたり、リフォームされていたりするので新築のような新しさはありません。建物の傷み具合や設備の状況によっては、すぐにリフォームしなくてはならないことがあります。

 

②現在の建築基準法に適合していない物件がある

現在の建築基準法に適合していないと、安全面での不安があります。

 

③ローンが借りにくい

中古物件の担保価値は低いので、ローンは借りにくくなります。

 

④税制面での優遇がない

新築と同じような税制面での優遇はありません。

 

⑤売主の瑕疵担保の期間が短い

中古物件の場合は新築よりも短期間で、通常は2~3ヶ月です。

 

⑥建て替えに時間がかかる

建て替えをするときに道幅拡張のためのセットバックしなくてはならない場合があり、時間がかかることがあります。

 

結局、住宅設備や外観などの新しさにこだわるのなら新築一戸建て、土地の広さや立地、購入費用の安さを優先するなら中古一戸建てになります。後はどちらを優先して選ぶかだけです。購入検討する前に、最優先するのは何かをしっかりと決めてから検討に入りましょう。