不動産市場

高崎市在住の方へ|太陽光発電の屋根一体型と屋根置き型の違いとは?

皆さんの中にも、将来的に太陽光発電の設置をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
太陽光発電による経済効果は大きく、光熱費の削減に大きく貢献してくれますよね。
実は、太陽光パネルの設置方法には「屋根一体型」と「屋根置き型」という2種類のあるということをご存知でしょうか?
そこで今回は、太陽光パネルの代表的な設置方法である「屋根一体型」と「屋根置き型」の違いについてご紹介していきます。

・「屋根一体型」と「屋根置き型」の違いとは?

太陽光パネルを設置しようとお考えの方で、太陽光パネルの設置方法について知っておきたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「屋根一体型」とは、新築の際に屋根材の代わりとして、太陽光パネルを取り付けるという方法です。
つまり、屋根自体が太陽光パネルに変わるという意味です。

「屋根置き型」とは、既存の屋根に架台を取り付けて、太陽光パネルを設置する方法です。
屋根が水平(陸屋根)だった場合は、架台で傾斜を作り太陽光パネルを設置することになります。

・「屋根一体型」と「屋根置き型」のメリット

太陽光発電の設置方法としては、「屋根一体型」と「屋根置き型」という2つの方法があるということが分かっていただけたと思います。
では、これら2つの方法にはどのようなメリットがあるのか気になりますよね。
そこで、それぞれのメリットをいくつか挙げていきます。

□「屋根一体型」

屋根一体型では、屋根置き型のように屋根に架台に取り付ける工事が不要になるので、屋根を傷めずに太陽光パネルを設置できます。
よって、工事による雨漏れの心配もありません。

また、屋根そのものが太陽光パネルに変わるので、屋根置き型よりも外観がすっきりして見えるというメリットがあります。

□「屋根置き型」

多くのメーカーが屋根置き型の太陽光パネルを取り扱っていることで種類も多く、お住まいの地域に応じて、最適な太陽光パネルを選べるでしょう。

また、太陽光パネルは、高温になってしまうとどうしても発電効率は下がってしまいます。
しかし、屋根置き型は、屋根に架台を取り付けるので、屋根と架台の間に隙間ができ、熱がこもるってしまうことを防げます。

・最後に

今回は、太陽光パネルの代表的な設置方法である「屋根一体型」と「屋根置き型」の違いをご紹介していきました。
ご自身に合った太陽光パネルを選ぶために、今回ご紹介した内容を是非参考にしてみてくださいね。