不動産市場

高崎市の方必見!空き家が傷む理由について!

「高崎市で空き家を検討している」
「空き家を放置したら傷む理由について知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、高崎市の方に向けて、空き家を放置したら傷む理由について、ご紹介します。

□空き家を放置したら傷む理由

*換気が行われない

人が住んでいる時には、人の出入りによるドアの開け閉め・空気の入れ替えによる窓の開け閉めなどが行われるため、換気が行われます。
しかし、空き家ではこれらの換気が行われないですよね。
そのため、湿気が溜まるとカビなどの菌が発生します。

*水道が使われない

水道を使用していないと、排水管の水が蒸発するため、下水の汚臭や虫が上がってきます。
また、排水管に付着していたヘドロや異物も乾燥し硬化するため、注意しましょう。

*掃除の手入れがされない

人がいないということは掃除の手入れがされないということです。
ホコリは虫を発生させたり、物を劣化させたりします。
カビなどは一度発生すると除去するのが困難なため、注意しましょう。

□害虫や害獣などによる空き家への被害

虫が増えた家には、それを食べるクモ・ねずみ・蛇などが増えます。
また、これらが活動することで家はさらに劣化します。
このような害虫や害獣の死骸が転がっていたり、悪臭を放っていたりすることも劣化の原因です。
これらを防ぐために、換気対策・気になったところの掃除・メンテナンスなどを行いましょう。

□空き家を活用する方法

*建て替えて賃貸として活用

空き家を取り壊して建て替え、賃貸をして活用する方法です。
しかし、税金・建物の修繕代・空室リスク・解体費・建設費・外装・付帯工事なども含むため、かなりリスクが大きい方法です。

*リノベーションをして売却に出す

リノベーションをして売却や賃貸に出す方法です。
リノベーションによって価格は大きく変わります。
築40年を超えている家はリスクが大きいですが、立地が良い家などはリノベーションして売却に出してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、高崎市の方に向けて、空き家を放置したら傷む理由について、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、総合不動産業として土地の売買・一戸建ての売買・不動産の査定などを幅広く行っております。
また、お客様を生涯の大切なパートナーとして、不動産の購入・売却後も近隣施設の案内・引越しまでの案内・さまざまな提出書類の相談など最大限でアフターフォローをさせていただきます。
専属の行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士などのエキスパートの紹介も行っております。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。