不動産市場

高崎市の方必見!いらない土地を手放す方法について解説!

「高崎市でいらない土地を所有している」
「土地を手放す方法を知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、高崎市の方に向けて、いらない土地を手放す方法について、ご紹介します。

□相続予定のいらない土地は相続前に見切りをつけよう!

親や親族からの遺産相続で土地を所有するケースがほとんどです。
いらない土地の場合、固定資産税などの税金だけがかかるため、負債となる資産かもしれません。
この場合、遺産の相続放棄を行いましょう。
相続を知ってから3カ月以内に家庭裁判所に届け出ることで、放棄して手放せます。
しかし、相続財産のすべての相続権を失います。
つまり、売却できそうな宅地付きの土地・多額の預金なども同時に手放すことになるため、注意しましょう。

□土地を手放す方法

*売却する

手放す方法で1番メリットが多いのが売却です。
しかし、立地や地形によって売買価格が大きく異なり、買い手がなかなか見つからない場合があるため、注意しましょう。
また、土地を売却した場合は税金が発生するため、確定申告にて税務申告を行いましょう。

*寄付する

土地が売却できない場合は、市区町村や国に寄付しましょう。
しかし、その土地に使用用途がない場合は受け付けてくれない可能性が高いので注意しましょう。
寄付をする場合は、土地の権利関係や所在などが記載されている登記事項証明書が必要です。

□売却できない場合に手放す方法

*複数の不動産会社に相談する

不動産会社にはそれぞれ得意・不得意があるため、自分の土地に合った不動産会社を見つけましょう。

*売値を下げる

できれば高く売りたいと思うかもしれませんが、売れない原因が値段なら売値を下げましょう。
その判断は売り出して3カ月ほど経っても売れない場合にしましょう。

*土地が広すぎるなら分筆登記

土地が広すぎる場合は分筆登記を行い、1つの土地を複数に分けましょう。
これにより、買い手が購入しやすくなります。

□まとめ

今回は、高崎市の方に向けて、いらない土地を手放す方法について、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、総合不動産業として土地の売買・一戸建ての売買・不動産の査定などを幅広く行っております。
また、お客様を生涯の大切なパートナーとして、不動産の購入・売却後も近隣施設の案内・引越しまでの案内・さまざまな提出書類の相談など最大限でアフターフォローをさせていただきます。
専属の行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士などのエキスパートの紹介も行っております。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。