不動産市場

高崎市の方へ|30坪の空間の使い方や土地が30坪なら車は何台置けるのかを紹介!

「30坪で車は何台くらい置けるのだろう」
「30坪の家における空間の使い方について知りたい」
このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
そこで、今回は土地30坪における住宅が建てられる面積と置ける車の数や30坪での空間の使い方についてご紹介します。

□土地が30坪ある場合、住宅が建てられる面積はどのくらい?

土地が30坪ある場合、実際に住宅を建てられる面積は79平方メートル以上です。
間取りはLDKと6畳程度の部屋が3つあるのがよくある間取りとなります。
ちなみに、LDKとはリビングダイニングキッチンと読み、キッチンで作った料理をそのまま同じ部屋で食べられ、かつ、くつろぐスペースも確保している部屋のことです。

□土地30坪なら車は何台置けるのか?

土地が30坪であれば、車は2台置けます。
2台駐車しても、まだ余裕があることも多いです。
そのため、自転車を合わせて置けます。
30坪あれば車2台と自転車1台分のスペースは確保できます。

□30坪の家の空間の使い方

30坪の家であれば、居心地の良い住まいにするために動線を意識しましょう。
動線とは、人の動きを想定した線のことです。
これをベースにドアの向きや部屋の配置を考えると、快適な住まいへと近づきます。
例えば、トイレやお風呂、キッチンといった水回りはできる限り1カ所にまとめた方が良いです。
これは動線を短くし、住んでいる人々のストレスを軽減するためです。
それに加え、後で水回りの修繕が必要になった際にコストの削減につながるためです。
また、床下や階段の収納を有効活用できないか模索しましょう。
家族がいると収納スペース不足に陥りやすいものですよね。
このとき、あらかじめ床下や階段下のデッドスペースに収納スペースを確保しておくことでその悩みを解消できます。

□まとめ

今回は、土地30坪における住宅が建てられる面積と置ける車の数や30坪での空間の使い方についてご紹介しました。
30坪の土地を購入し、その土地にマイホームを建てるとなった場合にどのように30坪の空間を使っていけば良いのか分かっていただけたのではないでしょうか。
この記事が皆さんの参考になれば幸いです。
当社は高崎市を中心に不動産売買を行っている会社です。
お客様のニーズを汲み取り、お客様にとって最適な選択になるよう全力で不動産売却をサポートします。
もし住宅や土地を売却したい方がいらっしゃいましたら、まずは一度当社へお問い合わせください。