不動産市場

高崎市の方へ|太陽光発電の売電収入は事業所得と雑所得のどっち?

「太陽光発電の売電収入は事業所得と雑所得どちらに分類されるのだろうか。」
そんな思いをお持ちではないでしょうか?
太陽光発電のメリットの一つとして、「余剰売電」もしくは「全量売電」で収益(売電収入)を得られるという点がありますよね。
しかし、その収益(売電収入)がどの所得になるのか詳しくは分からないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、太陽光発電の売電収入は「事業所得」と「雑所得」どちらに分類されるのかについて解説していきます。

・そもそも「事業所得」、「雑所得」って?

太陽光発電で得た収益(売電収入)は、「事業所得」と「雑所得」のどちらに分類されるか悩んでしまいますよね。
また、「事業所得」と「雑所得」の違いってどのような点にあるのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

「事業所得」と「雑所得」を簡単に説明すると次のようになります。
「事業所得」とは、名前の通り、卸売業や小売業、サービス業などの事業で得られた所得を言います。
「雑所得」とは、事業所得を含む9つの所得区分に該当しない所得を言います。
では、太陽光発電で得た収益(売電収入)はどちらに分類されるでしょうか?

・売電収入は「事業所得」と「雑所得」のどちらに分類される?

「事業所得」と「雑所得」がどのような所得なのか分かっていただけたところで、太陽光発電の売電収入はどちらの所得に分類されるのかご説明します。
太陽光発電の売電収入は、太陽光発電の設備と設置場所、売電方法により「事業所得」と「雑所得」に分類されるのかが決められます。

雑所得に分類される場合としては、「自宅で余剰売電した場合」になります。
余剰売電とは、余った電力(余剰電力)を売電することを言います。
自宅で光熱費の削減を目的に、太陽光発電を導入する方が多くいらっしゃると思います。
また、太陽光発電では電力を貯められないので、余った電力を売電して「売電収入」を得るという家庭も多いでしょう。
ご自宅で太陽光発電を導入し、余剰電力を売電して得られた収益は、「雑所得」に分類されることを覚えておくと良いでしょう。
事業所得に分類される場合としては、「事業用建物で余剰売電した場合」になります。

・最後に

今回は、太陽光発電の売電収入は「事業所得」と「雑所得」のどちらに分類されるのかについて解説していきました。
太陽光発電をご自宅に導入しようとお考えの方は、売電収入(余剰売電)がどの所得に分類されるのか知っておくと良いですよ。