不動産市場

高崎市の不動産会社が解説!空き家の活用方法「空き家バンク」とは?

「空き家の相続を受けたけど使い道がわからない!」
高崎市にご在住でこのようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

相続した大切なお家は、ぜひ有効活用したいですよね。
そこで今回は、空き家活用方法の一つである「空き家バンク」について説明します!

□空き家バンクとは?

自治体内で空き家を所有している人と空き家を購入または借りたいと考えている人を仲介するサービスです。
IターンやUターンのように田舎に住みたいと思う若者の増加を、空き家対策に活用しようと地方自治体が始めました。

□空き家バンクの仕組み

空き家バンクはまず、自治体内の空き家を所有している人に空き家の情報を登録してもらいます。
そして、登録した情報を地域ごとにまとめ、インターネット上でそれらの情報を、空き家利用希望者に提供します。

□不動産会社との違い

空き家バンクは、公的に地方自治体によって運営されているものです。
そのため、大きく2つの点で一般的な不動産会社との違いがあります。

*手数料がかからない

空き家バンクは空き家問題を解決するために始まった公的サービスのため、手数料がかかりません。

*マッチング後の契約は原則当事者

地域内で空き家を所有している人から情報を集め、その情報を提供するサービスです。
したがって、マッチングした後の契約や交渉は原則的に当人で行うことになります。
また自治体によっては、不動産会社に仲介してもらう所もあります。

□メリット

空き家バンクに登録するメリットは大きく2つあります。
一つ目は、自治体の補助金を利用できる可能性が高いことです。
現在行われている補助制度の例としては、固定資産税の減額、家財道具の処分に係る費用を補助する制度、空き家バンク登録して契約に至った場合に奨励金を出す制度があげられます。

二つ目は一般的な不動産会社より登録しやすいことです。
空き家バンクは営利目的で行われているわけではないので、審査基準が不動産会社より低いのです。

□デメリット

空き家バンクのデメリットは、利用率が低いことです。
そのため、登録したからといってすぐに空き家を売却できるわけではありません。
また契約など、売り手が決まってからの取引は当事者同士でしなければならないこともデメリットとして挙げられます。

□まとめ

今回は空き家バンクについて紹介しました。
これをきっかけに、自分の住んでいる地域が空き家バンクを運営しているか、どんな感じなのか、ぜひチェックしてみてくださいね!