不動産市場

高崎市にお住まいの方へ!土地を売却するメリットをご紹介します!

不動産の売却に関してお困りの方はいらっしゃいませんか。
売却するかどうか迷っているという方もいらっしゃると思います。
そのような方は、売却のメリットについて知っておくと選択する際に役立つでしょう。
そこで今回は、土地などの不動産を売却するメリットと売却した方が良い不動産についてご紹介します。

□不動産を売却するメリットとは?

不動産の売却によるメリットを2つご紹介します。

1つ目は、資産を現金化できることです。
資産を現金化できることは非常に大きなメリットでしょう。
現金化すれば、さまざまなことに利用できます。
例えば、売却で得た資金を使用して、住宅ローンを完済すれば銀行保証料が戻ってくることに加えて、利子負担もなくなるでしょう。

また、この他にも売却で得た資金を使って、今よりも立地の良い不動産に買い替えることも可能でしょう。
もし、相続した不動産であれば、売却して現金化することで遺産分割がしやすくなるというメリットもあります。

2つ目は、維持費が不要になることです。
使用していない不動産を所有していた場合は、定期的に建物のメンテナンスや土地の清掃などをする必要があり、手間と費用がかかってしまいます。
しかし、売却することでそれらの維持費が不要になるでしょう。
それに加えて、不動産に発生する固定資産税などの税負担を減らせることもメリットの1つでしょう。

□空き家の不動産は売却がおすすめ

不動産の中でも、売却した方が良い不動産についてご紹介します。
代表的なものは、空き家の不動産です。
人が住んでいない空き家の不動産では、掃除や手入れがされないため、劣化が早いことが問題です。

そのことから、不動産を所有しているだけで、活用していないのであれば売却を検討してみると良いでしょう。
また、税金の面から考えても、空き家の売却にはメリットがります。

もし、地方自治体によって特定空き家に指定されてしまうと、固定資産税の優遇処置が受けられなくなります。
特定空き家とは、倒壊する危険がある家や周囲の景観を損なっている家などのことです。
優遇処置が受けられない場合は、これまでの3倍や6倍の税金を支払わなければならなくなるため、負担が大きくなるでしょう。
このようなことから、所有しているだけで活用していない空き家は、一度売却を検討してみてください。

□まとめ

今回は、土地などの不動産を売却するメリットと売却した方が良い不動産についてご紹介しました。
売却のメリットとして、資金の現金化できることや維持費が不要になること、税金の負担が軽減されることなどをご紹介しました。
高崎市にお住まいで、不動産の売却をご検討されている方は当社までお気軽にご相談ください。