不動産市場

高崎市で空き家の処分にお悩みの方必見!空き家の活用方法を紹介します!

「持っている不動産に空き家があるけど、なんとか活用したい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
空き家はそのまま放置していては、大変危険です。
しかし、対策にはお金がかかります。
空き家はどのように活用すれば良いのでしょうか。
そこで今回は、空き家の活用方法を高崎市の業者が紹介します。

□空き家を放置するデメリット

空き家は、犯罪トラブルの原因になります。
空き巣はもちろん、犯罪の拠点にされかねません。
そのほかにも空き家の危険性はあります。
例えば、建物の劣化などです。
空き家は人通りがないため、換気がされません。

そのため建物内に湿気がたまりやすく、カビの原因になります。
長期間放置していると、畳の腐食や床の劣化につながります。
放置しているだけで、資産としての価値が下がってしまいます。
また、異臭が発生する場合もあります。
これも湿気による劣化の一つです。

金属がサビや腐食を招きます。
結果的に、異臭を発生させることになります。
庭の植物もトラブルを引き起こす原因の1つです。
生えっぱなしの雑草は、空き家であることを知らせてしまいます。
それを目印に侵入者が家の中に入ってしまいます。

また、木が道にまで生え広がってしまうこともあります。
通行の邪魔にもなりかねず、トラブルの原因になります。

□空き家を売却するメリット

空き家は思い切って売却することがおすすめです。
不動産は持っていれば価値が上がることもあるため、持っていたいという方は多いです。
また、思い入れがあるため、売りたくないという方もいらっしゃいます。
しかし、思い入れがあるからこそ売って他の人に使ってもらう方がいいとも言えます。

*マイホーム借上げ制度を活用

住宅を移住・住みかえ支援機構が借上げ、子育て世帯に貸す、マイホーム借上げ制度というものがあります。
安定した収入が見込めるため、空き家を放置するよりもおすすめです。
住宅を使用してもらうことで、資産価値の維持にもつながります。

*空き家を売却するメリット

空き家は維持するだけでも費用がかかります。
また、固有資産税などの税金がかかるため、維持費は膨大です。
不動産はいっそのこと手放したほうがお得です。

□まとめ

今回は、空き家の活用方法を紹介しました。
空き家にはさまざまな危険性がありました。
空き家を貸し家として活用したり、売却したりしてしまうことで、危険を避けられます。
空き家でお困りの際は、是非この記事を参考にしてみてください。