不動産市場

賃貸か買取か?一戸建て賃貸のメリットデメリットをご紹介します!

「なるべく費用を抑えたいから買取ではなくて賃貸がいい...」

このようにお思いの方も多いのではないでしょうか?
家を手に入れるにはどうしてもある程度のお金がかかってしまいます。
その費用を抑えるとなるとやはり賃貸を選びますよね。
しかし、賃貸住宅にもメリットとデメリットがあります。
では買取と賃貸それぞれに適しているのはどのような人なのでしょうか。
今回は、一戸建ての賃貸住宅のメリットとデメリット、そして買取との違いについてご紹介します!

□一戸建て賃貸のメリット

*住み替えが簡単

住み替えに手間がかからないので、短期間で完了します。
一戸建てを購入した場合は様々な手順を踏まなければ住み替えができないため、引っ越しに時間がかかってしまいます。
職場が今後変わる可能性のある方は、賃貸の方が引っ越しのときにストレスなくスムーズに対応できるでしょう。

*頭金を支払う必要がない

頭金を含んだ初期費用が安く済みます。
かかるのは敷金・礼金、仲介手数料だけであり、そこまで大きな金額が必要なものはありません。
頭金を支払う必要がないと、初期費用は買取と比較して断然安くなります。

*税金がかからない

年に1回請求される固定資産税と都市計画税を支払う必要がなくなります。
これは賃貸という形で家を借りているため、不動産を所有していない状態にあるからです。
初期費用に加え、税金に関しても支払うべき費用を安く済ませることができます。

□一戸建て賃貸のデメリット

*自分の資産にならない

賃貸ですので、不動産は所有していないという状態です。
自己資産にではないので老後も家賃を支払い続けなければなりません。

□一戸建て住宅の買取と賃貸の違い

一番の違いは金額です。
賃貸のほうが買い取りの場合よりも圧倒的に安く済みます。
税金や初期費用を抑えることが可能であるという点が、金額を安く抑えることに大きく影響しています。

一戸建て住宅を賃貸で手に入れるのは、転勤が多い方、費用を抑えて一戸建て住宅に住みたい方に向いているでしょう。
一方で買取をするのは、今後家を変える予定がなく長く住み続ける方に適しています。
10年後、20年後、30年後のことを考えたときに、ローン返済も済み徐々にお金がかからなくなるのは購入住宅です。
ご自分の将来設計に合った住宅のスタイルを選択しましょう。

□最後に

今回は一戸建て住宅の賃貸についてお伝えしました。
賃貸の良い点、悪い点、そして買取とは何が大きく違うのか知っていただけたのではないでしょうか。
家の購入は人生においてとても大きな買い物です。
購入する前に、住宅についての知識をある程度持って満足のいくマイホームを選びましょう!

ビーグル不動産では、高崎市・前橋市を中心に豊富な不動産情報を持っており、お客様のご希望に合った住宅を提案しています。
理想のマイホームを手に入れたい方は、ぜひ、ビーグル不動産へお問い合わせください。