不動産市場

空き家を放置するのはなぜ問題なの?群馬県の不動産会社が解説します

「親から家を相続したが、いまは空き家になっている。」
「マンションに引っ越して、前住んでいた家が空き家になっている。」
このように、なんらかの理由で空き家を所有している方はいらっしゃいませんか?
空き家になっているけれど、売却してしまうか決まらなくて、結局空き家のまま放置している
、なんてことはありませんか?
実は、空き家を放置しておくことは、いくつかのデメリットがあります。
そこで今回は、なぜ空き家を放置しておくのが問題なのかについて解説します。

□空き家を放置しておくと、なぜ問題なのか?

空き家を放置しておくことで発生する問題を順にご紹介していきます。

*犯罪の温床になる

空き家を放置しておくと、空き家に放火されたり、その空き家を拠点として犯罪者集団が溜まってしまったりと、様々な犯罪の温床になってしまう場合があります。
特に、最近では、空き家に対する放火事件が相次いでおり、非常に問題となっています。
犯罪を未然に防ぐという意味でも空き家にはしっかりと対策しましょう。

*老朽による倒壊の危険

空き家を放置しておくと、当然建物は老朽化していきます。
特に、木造の空き家ですと、木が虫に食われてボロボロになり、突然崩れる危険もあります。近隣住民や通行者が怪我をする恐れもあります。

*自然災害時に危険

空き家はメンテナンスがされておらず、地震や台風などの自然災害時は倒壊する危険性があり、非常に危険です。
また、台風の時には家の破片が飛んで、近くに住む人が被害を受ける恐れもあります。

*悪臭による近隣トラブル

ニュースでもよく取り上げられており、空き家の問題と言えば真っ先にこの悪臭の問題が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
近所にある空き家から出る悪臭のせいで、自宅まで臭いがするなど、近隣トラブルの原因になります。
また、ネズミやゴキブリなどの害獣や害虫も湧きやすく、近隣の民家にそれらの害獣や害虫が侵入するなどの問題が考えられます。

□まとめ

今回は、空き家を放置することで発生する問題についてご紹介しました。
空き家を放置してしまうと、上で説明したように様々な危険性があり、近隣の住民にも迷惑がかかります。
また、不必要に固定資産税もかかってしまいます。
空き家をお持ちの方がいらっしゃいましたら、取り壊すなり、売却するなど、しかるべき対応をとって問題を未然に防ぐようにしましょう。