不動産市場

空き家を放置しておくとなぜ問題になる?|群馬県の不動産業者が解説

「最近、空き家問題という言葉をよく耳にするけど、どのような問題なのだろう」
「空き家を放置しておくとなぜ問題になるのだろう」
そんな思いをお持ちではないでしょうか?
管理できなくなった空き家を放置しておくと、どのような問題があるのか気になりますよね。
例えば、「ご近所の皆さんの迷惑にならないだろうか」といった心配があるでしょう。
そこで今回は、空き家を放置しておくと、どのような問題があり、なぜ問題になるのかを解説していきます。

・空き家を放置しておくと、なぜ問題になるのか?

様々な理由から空き家を放置しているという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
また、空き家を放置することで、どのような問題があるのか知りたいという方もいらっしゃると思います。
空き家を放置しておくと、次のような問題があります。

□建物が老朽化する

やはり人が住んでいないことで、換気や通水がされず、建物の老朽化はどんどん進んでいくことになります。
また、目に見える老朽化として瓦が落下したり、外壁が剥がれ落ちたりする場合もあります。その他にも、雨漏りが進行していたり、シロアリによって倒壊の恐れがあったりと、建物の老朽化は深刻になります。

□自然災害で倒壊する恐れがある

建物の老朽化が上記のようなことから進んでいくと、地震や台風、大雪などの自然災害により倒壊する可能性はとても高くなります。
また、倒壊によって、最悪の場合は人的被害が出たり、通行の妨げになったりと副次的被害も起こる可能性も十分にあるのです。

□犯罪者に利用される可能性がある

人が住んでおらず、誰も家に立ち寄ることがない空き家は、犯罪者のアジトにされる可能性は少なからずあります。
さらに、その犯罪者よる火事や放火の対象になるように思いもよらぬ出来事が起こる場合もあるのです。

□外観や衛生が悪化する
建物の老朽化が進むとともに、手入れされなくなった庭に雑草が増えたり、建物の壁にツタが絡みついたりと外観は周りから見ても、良いものとは言えないでしょう。
また、害虫の大量発生やごみの不法投棄場所にもなることもあります。

・最後に

今回は、空き家を放置しておくと、どのような問題があり、なぜ問題になるのかを解説していきました。
空き家を放置しておくと、所有者だけでなく、近隣の住民までも被害を被る可能性があるので、売却または最適な活用方法を考えておくと良いでしょう。

ビーグル不動産では、物件の査定を無料で行っているので、お気軽にお問い合わせください。