不動産市場

空き家を売却する際にかかる税金とは?|群馬県の不動産会社が解説

「空き家を売却すると、どのような税金がかかるのだろう。」
「空き家を売却する際にかかる税金は、どのようにして求められるのだろう。」
そんな思いをお持ちではないでしょうか?
皆さんの中にも、空き家を売却しようと考えている方もいらっしゃるでしょう。
その際にかかる税金にはどのような種類があり、どのようにして計算するのか気になりますよね。
そこで今回は、空き家を売却する際にかかる税金について解説していきます。

・空き家を売却する際にかかる税金とは?

最近では「空き家問題」という言葉が広まり、空き家を売却しようと考える方も多くなってきました。
空き家問題とは、空き家を放置しておくことで、所有者だけでなく近隣の住民も被害を被ってしまう問題です。
このような問題もあり、空き家の売却を考える方も増えたのでしょう。

では、空き家を売却することで、どのような税金がかかるのでしょうか?
空き家のような不動産を売却するときに、売却価格が取得費や譲渡所得を上回ると、利益になります。
その際に得られる利益を譲渡所得といい、これに対して「譲渡所得税」、「復興特別所得税」、「住民税」が課せられます。

・空き家の売却にかかる税金の計算方法

税金を求める計算式としては、次のようになります。

税金=【「譲渡収入金額」-(「取得費」+「譲渡費用」)】×「税率」

□「譲渡収入金額」

譲渡収入金額とは、不動産(空き家)を売却した金額です。

□「取得費」

取得費とは、不動産(空き家)を購入した際の金額やその際に支払った仲介手数料など、購入するときにかかった費用の合計です。

□「譲渡費用」

譲渡費用とは、不動産(空き家)を売却するためにかかった費用です。
例えば、不動産会社に支払う仲介手数料や売買契約書に貼る印紙代などが含まれます。

□「税率」

譲渡所得税の税率は、その不動産(空き家)をどのくらい所有していたのかという期間によって変わります。
この期間というのは、相続した実家を売却するとき、その親が実家を所有した期間も含まれるので注意が必要です。
5年を超えて保有していた不動産(空き家)を売却した場合の税率は、「15%」となり、5年未満だと「30%」になります。また、住民税の税率も、「5%」だったところが、「9%」になるのです。

税率の計算方法としては次のようになります。

長期譲渡所得=課税長期所得金額×(所得税15%+住民税5%)+復興特別所得税(所得税額の2.1%)

短期譲渡所得=課税長期所得金額×(所得税30%+住民税9%)+復興特別所得税(所得税額の2.1%)

・最後に

今回は、空き家を売却する際にかかる税金について解説していきました。
空き家を売却する際の参考にしていただければと思います。