不動産市場

空き家のリフォーム費用の相場について高崎市のプロがご紹介します!

「両親から相続した空き家をリフォームしたけど、いくらぐらい必要なのかな・・・」
「リフォームの相場について知りたいな・・・」
空き家をそのまま放置するのは勿体なくて、リフォームすることで新しく何かに活用したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
物件を新しく購入する場合や、リフォームする際には、予め相場や注意点について知っておくことが非常に大切です。
今回は、空き家のリフォーム費用の相場と、リフォームする際の注意点についてご紹介します。

 

□空き家のリフォーム費用の相場

空き家のリフォームには、莫大な費用が必要な場合もあるので、複数の業者への相談やシミュレーションなどで検討しておく必要があります。
空き家を良好な状態にするリノベーションを行う場合の費用は、床面積1平方メートルにつき、約10~15万円が相場です。
例えば、50平方メートルの建物の場合は、約500~750万円がリノベーション費用になります。
一方で、空き家を新築の状態に戻すリフォームの場合の費用は、床面積1平方メートルにつき、約5~8万円が相場です。
例えば、50平方メートルの建物の場合は、約250~400万円がリフォーム費用になります。
リノベーションの方が、リフォームより改修部分が多いので、費用が高いです。
家全体でなく、部分的にリフォームしたい方もいらっしゃるでしょう。
浴室をリフォームする場合は約50~100万円、キッチンの場合は約30~70万円が相場です。
内装以外の部分のリフォームもできます。
例えば、耐震補強のリフォームを行う場合は約50~300万円、断熱材を入れるリフォームでは約150~300万円が相場です。

 

□リフォームする際の注意点

リフォームを行う場合、いくつかの注意点があります。
荷物が大量にあると、隠れている部分の状態を確認できないので、前もって整理しておかなければなりません。
また、リフォームを開始してから壁や床に欠陥が見つかって、費用が膨らむ場合もあるので、予算は見積りより多めに確保しておく必要があります。

□まとめ

今回は、空き家のリフォーム費用の相場と、リフォームする際の注意点についてご紹介しました。
費用は、家全体をリフォームするのか、部分的にリフォームするのかによって大きく異なることが分かりました。
当社では、不動産に詳しいスタッフが、あなたのお悩みを一緒に解決します。
高崎市で不動産売買をお考えの方、物件の査定などについて詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。