不動産市場

相続の際、太陽光発電に投資する方がお得!?高崎市の業者が解説!

投資をする際、アパート経営に投資しようとお考えの方はいらっしゃいませんか?
「太陽光発電に投資するより、アパートを経営する方が儲けるんじゃないの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
しかし、もし相続するとなった場合、アパート経営より太陽光発電の方が得をすることはご存知ですか?
知らない方のために、なぜアパート経営より太陽光発電の方が相続に向いているのか前橋市の業者が解説いたします。

□アパート経営の相続はダメなの?

相続とは、人が亡くなった際に、故人の遺産や遺品などを遺族や親族が受け継ぐことです。
しかし相続する遺産総額が大きいと、相続税が発生します。
2015年に相続税法が改正され、相続税が発生するボーダーラインである基礎控除額が4割下がったため、課税対象者が増加しました。
そのため、昔に比べるとアパートなどの経営環境は厳しくなっています。
故人からアパートを相続する場合、そのアパートは基本的に築古であり、築20年以上を超えてしまうと家賃を下げないと入居希望者が集まらなく家賃収入が減ったり、建物の老朽化によって修繕費がかかったりと相続者に負担がかかります。
また高齢化社会が進む中、相続者の高齢化によって相続が難しくなります。

□相続するなら太陽光発電!

現金や預貯金を相続する場合、100%の評価額、土地の場合、相場の7~80%の評価額で相続税が課せられます。
しかし、太陽光発電の場合、動産であるため、減価償却した額で評価されます。
太陽光発電の法定耐用年数は17年であり、17年後は評価額が0円になるため、本来の額よりも低い額で評価されるので、相続するには向いています。
また太陽光発電は定まった価格で20年間売電できる固定価格買取制度があるので、評価額が0円になっても、収入を得ることができます。
ただし、太陽光発電に投資する際、初期費用が少しかかります。
基本的に10年間の保証が付いているのですが、保証期間外に部品が不具合などを起こし故障してしまうと、修繕費が初期費用並みにかかります。
メーカーによっては保証期間が15年であったり、定期点検を無料で行ったりしてくれるので、太陽光発電を投資する際はしっかりと調べることをおすすめします。

□最後に

なぜ太陽光発電が相続に向いているか紹介いたしました。
相続する際、多額の税金を払ったり、相続者に負担をかけたりしたくないですよね。
太陽光発電に投資すれば、相続税の負担がかなり軽減できます。
投資をお悩みの方は1度、太陽光発電への投資を考えてみてはいかがでしょうか。
また、何かお困りのことがありましたら「ビーグル不動産株式会社」にご相談ください。
お待ちしております。