不動産市場

物件を売却する手順とは?事前に知っておくことが大切です

「必要ない住宅物件を売りたいけど何から取り組めばよいか分からない」

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか?
住宅の売却は不動産の知識が必要とされ、手続きもたくさんあるので簡単に済むものではないですよね。
しかし、事前に手順を知っておくことでスムーズに取引を完了させることができます。
そこで今回は、不動産売却の手順を紹介します!

□売却する不動産会社を決める

信頼できる不動産会社を見つけることはとても重要です。
その地域の不動産情報を幅広く集めており、お客様に優しい対応をしてくれる会社を見つけましょう。
不動産会社を訪れた際は、まずは話だけ聞いて何件か違う会社を回ってみることをおすすめします。

□物件査定

不動産会社を決めたら、物件査定をしてもらいます。
査定結果が出たらその内訳を詳しく聞き、納得いく査定額を出してもらうようにしましょう。
ここで満足行く査定をしてもらえなかった場合は、他の不動産会社に依頼し直すべきです。

□媒介契約

不動産会社に売買の仲介をしてもらうために必要な契約が媒介契約です。
媒介契約にはいくつか種類があるので、不動産会社の方の説明を受けて自分の希望する方法を選びましょう。

□不動産を売出し市場に出す

売出し価格は、必ずしも査定で設定した金額で固定しなければならない訳ではなく、買取市場によって変えることができます。
市場の動きを見て慎重に価格を設定しましょう。

□購入希望者と交渉

住宅を購入したいという人が現れたら、売却条件を交渉します。
価格についての同意はもちろんですが、それ以外にも加えたい条件がある場合はこの時点で購入希望者に伝えておく必要があります。
トラブルを防ぐためにもなるべく正確な物件情報を提示するようにしましょう。
住宅の不備や汚れなどの問題点を隠すと後々にトラブルを招きかねないので、細かく住宅情報を伝えることをおすすめします。

□売買契約を結ぶ

購入希望者の同意を得たら、売買契約を結びましょう。
ここでも契約内容をお互いしっかり確認することが大切です。

これで物件の売却は完了です。
あくまでざっくりとした手順の紹介なので、詳しい手順は不動産会社に伺うことをおすすめします。

□最後に

今回は、住宅物件を売却するときのざっくりした流れについてお伝えしました。
どのような手順を踏んで住宅が他の人の手に渡るのか、知っていただけたことと思います。
住宅を売却するときは手続きに必要なものもいくつかありますので、問題なく短期間で手続きを終わらせるためにも、事前に流れを知って準備をしておきましょう。

ビーグル不動産では、高崎市・前橋市を中心に豊富な不動産情報を持っており、お客様のご希望に合った不動産を提供しています。
不動産売却をお考えの方は、ぜひ、ビーグル不動産へお問い合わせください。