不動産市場

液状化しそうな土地は売却できる?高崎市の業者が売却の際の注意点を紹介

これから売ろうと考えている土地に不安がある場合は、売却できるのか心配になりますよね。

不動産に起こるトラブルの中に液状化があります。

現在はまだ液状化していないけど、今後する可能性がある土地である場合は売却できるのか気になりますよね。

今回は、そんな液状化しそうな土地を売る際の注意点をご紹介します。

 

□そもそも液状化って?

 

そもそも液状化とはどういうものなのでしょうか。

名前は聞いたことがあるけど、具体的なことは分からない方もいるでしょう。

そこで、まずは液状化とはどういうものなのか解説します。

 

液状化とは、地震をはじめとする災害によって地面が液体のような状態になったものを指します。

液状化することによって、その土地がとても不安定な状態になります。

このような土地に建物が建っていると、倒壊の危険性が高くなるでしょう。

見た目の特徴として、水を吸った状態の砂浜をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

液状化が起こる条件として、砂が蓄積している土地であることが挙げられます。

また、砂が地下水に浸っていたり、砂が不安定になっていたりする土地も起こりやすいと言えます。

このような条件の土地に地震などが起こると、液状化する可能性が非常に高くなります。

 

□液状化のリスクがある土地を売却する際の注意点とは?

 

液状化のリスクがある土地であっても売りに出すことは可能です。

しかし、そのような土地を売却する際はいくつか注意すべきことがあります。

 

*売主に責任が生じることがある

 

売買契約を結んだ時点で液状化する危険性がなかったとしても、購入後に液状化してしまった場合は、売主が責任追求される可能性があります。

液状化する危険性が「隠れた瑕疵」として該当した場合、損害賠償請求や契約解除されてしまうため注意しましょう。

 

*隠れた瑕疵になる可能性がある

 

液状化する危険性がある土地を売却した際、瑕疵担保責任が生じるかどうかはケーズバイケースです。

あらかじめその土地が液状化する危険性が高いことを買い手側が知っていた場合は、瑕疵担保責任は生じません。

 

*隠して売却したらトラブルになる

 

液状化する可能性があることは絶対に隠さないようにしましょう。

後からその事実が分かった場合、様々なトラブルが生じます。

もし、損害賠償請求を受けた場合は、売主はその責任から逃れられません。

 

□まとめ

 

今回は、液状化しそうな土地を売る際の注意点をご紹介しました。

液状化しそうだからと言って必ずしも売却が出来ないわけではありません。

しかし、やはり相場よりも低い価格になってしまう可能性があります。

もし売却するのであれば、しっかりと注意点をふまえて売りに出すことが重要です。