不動産市場

太陽光発電の近隣トラブルとは?高崎市の不動産会社が対策法を紹介!

皆さんは太陽光発電が原因で起こる近隣トラブルをご存じでしょうか?

「太陽光発電事業を始めようと考えているけど、どんな原因で近隣トラブルになるの?」
「原因が分からないから、どんな対策をすればいいのか分からない…」

このようにお考えの方は多いと思います。
高い初期費用を支払っていざ太陽光発電事業を始めようとしても、近隣トラブルにより撤退を余儀なくされるのは困りますよね。
そこで今回は、太陽光発電事業を始めようと考えている方に向けて、近隣トラブルの事例と、トラブルの対策について紹介します。

□反射によるトラブル

太陽光発電パネルを設置することでトラブルになる理由の1つが光の反射です。
なぜなら、反射光が当たると考えられる方向に家があると、近隣の方からまぶしいというクレームが来て、トラブルになることがあるからです。
しかし、トラブルを回避しようとパネルの向きを変えることは、所有者にとって厳しいでしょう。
なぜなら、太陽光発電パネルには発電量が多い向きが存在するからです。
つまり、向きを変えることにより、太陽光発電システムの稼ぎが少なくなる恐れがあります。
そのため、太陽光発電パネルの光がどのように反射するかを設置前にしっかりと考えてください。
業者によっては、設置はできても近隣トラブルに関する意識が低い可能性があります。
そのため、業者と近隣トラブルについての話し合いも怠らないようにしましょう。

□騒音のトラブル

実は、太陽光発電システムでは騒音が原因で近隣トラブルになる場合があります。
太陽光発電システムに関わる騒音とはモスキート音のことです。
モスキート音とは、蚊が発するような不快な羽音のようなものです。
ただ、基本的に聴力が衰えていると聞こえなくなります。
しかし、もし近隣にモスキート音が聞こえる方がいて、不快感を抱いている場合はかなりのストレスとなるので、トラブルになる恐れがあります。
モスキート音は、パワーコンディショナーという太陽エネルギーを電気に変換する機器から発せられています。
そのため、騒音の出ない機器を選ぶことをおすすめします。

□まとめ

以上、近隣トラブルの事例と、トラブルの対策について紹介しました。
トラブルを未然に防ぐ方法についてお分かりいただけたでしょうか。
上記の近隣トラブルは、最悪の場合だと裁判にまで発展してしまうことがあります。
そのため、あらかじめ近隣トラブルの原因になる要因をなくすように心がけてください。
今回の記事が、太陽光発電事業を始めようと考えている方に役立てば幸いです。