不動産市場

太陽光発電の維持費はどのくらい?投資のコツをご紹介!高崎市在住の方必見です!

「太陽光発電を検討しているが、維持費がどれくらいかかるか気になる。」
太陽光発電の設置を検討している方で、このようなお悩みはありませんか?
太陽光発電は、発生した電気を売買できるため、長期的な投資として人気が高いです。
しかし、長年にわたり太陽光発電を持続するためには、定期的なメンテナンスが必要であるため、そのたびに維持費が加算されます。
そこで今回は、太陽光発電の維持費の相場についてご紹介します。

 

□太陽光発電の維持費の相場とは

*パワーコンディショナの交換費用

パワーコンディショナは、太陽光発電によって発生した電気を家庭でも使用できる電気に変換します。
また、太陽光発電システム全体を効果的、効率的に稼働させる重要な役割を果たします。
太陽電池とは異なり、機械的な抹消により、時間が経ってしまうと劣化が進行してしまうため、交換が必要です。
パワーコンディショナは、約10年間のメーカー保証が適用されている場合が多いですが、交換は20年に1度が推奨されています。
新品のパワーコンディショナと交換する場合は、約20万~30万円がかかります。
基盤交換のみでしたら、数万円で済ませられます。

*定期点検費用

太陽光発電は、外部に長時間放置されているため、雨や風などの外的要因によるダメージを受けやすいです。
そのため、維持するためにも定期点検は必要です。
点検費用は、販売店によって無料で行われる場合があります。
しかし、住宅に設置している場合は、法的義務はありません。
定期点検は4年に一度を推奨され、1回あたりの費用は約2万円です。

*清掃費用

太陽光発電のパネルは、砂埃などによって汚れやすいため、長期間放置してしまうと発電効率が下がります。
そのため、安定した発電を得るには、定期的な清掃が必須です。
太陽光発電の清掃は業者に依頼するのが一般的です。

*修理費用

太陽光発電は、メーカー保証があります。
保証期間内であれば修理費用は負担されませんが、保険期間適用外の場合は修理費用が発生します。
故障は、パワーコンディショナや配線の劣化、売電メーターの故障によって引き起こされます。

 

□まとめ

今回は、太陽光発電の維持費についてご紹介しました。
太陽光発電を投資として利用する際、定期的にメンテンナンスを行うことで、長期間安定的な電気を得られ、安心して使い続けられます。
太陽光発電についてご興味がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました。