不動産市場

太陽光発電の機器はどこに置く?高崎市の不動産会社が設置場所紹介!

皆さんは太陽光発電に使う機器をどこに設置しようとお考えでしょうか?

「太陽光発電事業を始めようと考えているけど、どこに機器を設置したらいいの?」

このようにお考えの方は多いと思います。
太陽光発電パネルを設置する場所ごとのメリットやデメリットを知っておかないと、自分の家では向いてない場所に設置してしまうかもしれません。
そこで今回は、太陽光発電事業を始めようと考えている方に向けて、太陽光発電の機器の設置場所について紹介します。

□カーポートの上に設置する

太陽光発電パネルの設置場所として、カーポートの上に人気があります。
人気の理由は、屋根に設置できない方でも設置できるからです。
また、取り付けが簡単で、メンテナンスもしやすいこともカーポートの上が人気の理由となっています。
しかし、カーポートに設置するにもデメリットはあります。
それは、屋根よりも低い位置にあるので影になりやすいことです。
発電できない時間が多いといつまでたっても利益が得られないので、設置する前に影にならないかの確認を怠らないようにしましょう。

□屋根の上に設置する

屋根の上は、太陽光発電事業をする方で最も一般的な場所です。
屋根に設置するので、建物が原因で日陰にならず日が出ている間は常に太陽光発電システムが動作します。
しかし、屋根に設置することでメンテナンスをするのが難しくなります。
太陽光発電システムの機器の所有者には、点検が義務づけされています。
そのため、点検の度に屋根に登らなくてはいけません。
しかし、屋根に登ると落ちたりパネルを踏んで壊したりする恐れがあるので注意が必要です。

□空いた場所に設置する

もしもあなたが空いた土地を所有していたり、家の庭に空いた空間があったりするなら、その場所に太陽光発電機器を設置するのもいいかもしれません。
地上に設置できるので、メンテナンスもしやすいのがメリットです。
しかし、この方法は空いた土地を持っていないとできません。
太陽光発電パネルの設置のために土地を購入するより、屋根やカーポートの上に設置した方が安いので、この方法はあくまで空いた土地を持っている方向けです。

□まとめ

以上、太陽光発電の機器の設置場所について紹介しました。
自分のご家庭にとっておすすめの設置場所は見つかりましたか。
太陽光発電事業をする場所には、具体的にここがいいという決まりはありません。
しかし、設置場所によって気をつける点やメリットが違うので、自分のご家庭に合った設置場所で太陽光発電事業を始めてみてください。
今回の記事が、太陽光発電事業を始めようと考えている方に役立てば幸いです。