不動産市場

土地契約の際に手土産は必要?高崎市の方に向けて!

「高崎市で土地の契約をすることが決まっている」
「土地の契約をする際に手土産が必要なのか知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、高崎市の方に向けて、土地を契約する際の手土産について、ご紹介します。

□土地を契約する際に手土産を持って行く必要があるのか?

結論から言うと手土産を持って行く必要はありません。
買い主の中にはお礼として売り主にお渡しする方もいらっしゃいますが、特に持って行く必要はありません。
お礼の気持ちとして渡す分には良いでしょう。

□手土産を選ぶ時のアドバイス

*手土産や菓子折りは地域の銘柄を選ぶ

手土産や菓子折りは自分の地域の銘柄を選びましょう。
受け取った側が売っている場所を分かる物だと手土産の意味がなくなってしまいます。
遠くからの地域ならではの物を持参するというスタンスが大切なので、地域の銘柄を選びましょう。

*手土産や菓子折りは簡単に分けられる物にする

相手の方全員に行き渡るように手土産や菓子折りは個包装のお菓子の詰め合わせなど、手軽に食べられ、分けやすい物が良いでしょう。
包丁で切り分けるなど手間をかけてしまう物が避けるのが無難です。
また、賞味期限が短い物は食べるタイミングを考慮して、避けましょう。

□手土産を渡す際に気をつけるマナー

*先方の上席にいる人に渡すようにする

ビジネスの場において、先方が何人かいる場合、先方の上席の人に渡すようにしましょう。
しかし、相手の関係やタイミングもあるため、普段の担当者に渡す方がやり取りしやすい場合もあるので注意しましょう。

*紙袋から手土産を出して渡す

必ず紙袋から手土産を出して渡しましょう。
紙袋は運んでくる際に中身が汚れないように保護する意味を持っています。
そのため、相手には汚れていない中身だけを渡しましょう。
さらに、立ったまま渡す場合は素早く出して邪魔にならない場所に置き、正面を相手に向けて渡すのがマナーです。

□まとめ

今回は、高崎市の方に向けて、土地を契約する際の手土産について、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、総合不動産業として土地の売買・一戸建ての売買・不動産の査定などを幅広く行っております。
また、お客様を生涯の大切なパートナーとして、不動産の購入・売却後も近隣施設の案内・引越しまでの案内・さまざまな提出書類の相談など最大限でアフターフォローをさせていただきます。
専属の行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士などのエキスパートの紹介も行っております。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。