不動産市場

土地の売却にかかる費用はどれくらい?高崎市の業者が疑問にお答えします!

土地の売却には、さまざまな種類の費用がかかることをご存知ですか。
費用がどれだけかかるかを確認しておかないと、想定していたより手元に残る金額が少なくなり、困ってしまうことがあります。
そこで今回は、土地の売却にかかる費用について高崎市の業者が解説します。

□土地売却にかかる費用の種類を紹介

マンションや土地、戸建てなどの不動産売却では、手数料や税金をはじめとするさまざまな費用がかかってしまいます。
どのような種類の費用がどの程度かかるのかを事前に確認しておくと、実際の支払い時に対応しやすいためおすすめです。

*印紙税とは

印紙税とは、売買契約書に貼る印紙に課税される税金のことです。
定められている金額の印紙を契約書に貼ることで納税したことになります。
印紙税は不動産譲渡契約の金額によって変化し、売却金額が増加するほど印紙税も多くかかってしまいます。

*登記費用とは

基本的に所有権移転登記の登録費用は買主が負担します。
しかし、もしその土地にローンが残っていると抵当権抹消登記を行う必要があります。
また、抵当権抹消を司法書士の方に依頼する場合はその費用も必要になってしまうため気をつけましょう。

*その他の必要に応じて支払う費用を紹介

上記の2つ以外にも、土地に残っているものの廃棄費用や、敷地の測量費用がかかります。
これらの費用は数十万円以上することも多いため、不動産会社に相談してだいたいの値段を確認しておくと良いでしょう。

□土地売却において費用面での注意すべきポイントを紹介

続いて、土地売却の費用面での注意点を紹介します。

まずは、土地の測量を正確に行うことをおすすめします。
隣家の土地との境界はどこになるのか、土地に残っている植木の処分はどうするか、古い土地であれば本当に自分たちの認識していた領域が土地の範囲なのかを確認しておくと良いでしょう。
これらを確認することで、不要なトラブルを減らせます。

続いて、土地の売却で手に入る費用だけでなく、上記で述べた支出を含めた金額の計算を行ってみてください。
事前に計算しておくことで、予想以上に出費が多い場合にも備えやすいでしょう。

加えて、不動産業者を選ぶ際にも費用に関しての注意点があります。
もちろん安すぎる売却金額を提示してくる業者は避けた方が良いですが、異常に高額な値段を提示してくる業者にも注意が必要でしょう。

□まとめ

今回は、土地の売却時にかかる費用を紹介しました。
土地の売却をお考えの方は、想定外の出費が起きて困らないように本記事で紹介した注意点を参考にしていただけると幸いです。