不動産市場

土地の向きによって日当たりが変わる?前橋市で土地の購入をお考えの方へ

土地を購入する際は、「向き」はとても重要になります。

向きによって日当たりの良さが大きく変わってくるため、物件を選ぶ上で向きを重要視している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、これから土地を購入しようとお考えの方に向けて、土地の向きについてご紹介します。

 

□日当たりが良いのは南向きの土地?

 

一般的に、日当たりが良いのは「南向き」と言われています。

しかし、南向きの土地であってもメリットだけでなくデメリットもあります。

 

土地の向きというのは、敷地に面している道路の方角を指します。

そのため、道路がどの方角で敷地に面しているのかが重要なポイントになるでしょう。

南向きのメリットは、室内に自然と日が入ってくることが挙げられます。

 

一方でデメリットもあります。

日当たりが良い土地は資産価値が高くなり、土地の価格も高くなってしまいます。

また、人通りの多い道路に面している土地の場合、騒音や人目が気になってしまうでしょう。

 

では、反対に北向きの土地はどうでしょうか。

南向きに比べて日が当たりにくいことから、日中でも証明が必要になったり、冬は寒かったりというデメリットがあります。

しかし、天窓や吹き抜けを取り入れることによって、日当たりを良くすることが可能です。

 

また、北向きの土地は、比較的価格が安いことや紫外線による外壁や壁紙の劣化が少なく、メンテナンスにかかるコストも抑えられるメリットがあります。

このように、北向きだからと言って必ずしも良い土地ではないと決めつけることはできないでしょう。

 

□日当たりが悪い場合の対処法を紹介!

 

土地を探す上で、どうしても希望のエリアで日当たりが良い土地見つからない場合もあるでしょう。

その際は、様々な工夫をすることで対処できます。

 

例えば、間取りの工夫です。

吹き抜けや天窓を取り入れたり、リビングを2階や3階にしたりして光を多く取り込める間取りにしましょう。

 

また、暗くなりやすい部屋にはインテリアを用いることで部屋全体を明るくしたり、効率良く光を取り込んだりできます。

代表的な方法として、内装をホワイトやパステルカラーのような明るい色のする方法があります。

さらに、至る所に間接照明を設置することで部屋の中をより明るくできるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、前橋市で土地を購入しようとお考えの方に向けて、土地の向きについてご紹介しました。

土地は南向きや角地であれば、必ず良い土地というわけではありません。

ご自分のライフスタイルによってどの向きの土地が適しているのか検討することが重要です。

土地に関してお悩みの方は、ぜひ一度当社までご相談ください。