不動産市場

南向きの土地のメリットとデメリットとは?高崎市の業者が解説します!

「南向きの土地のメリットについて知りたい」
「土地の方角ごとにメリットやデメリットは違うのだろうか」
高崎市にお住まいでこのようにお考えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。
南向きの土地のメリットやデメリットについて知りたい方も多いと思います。
そこで、今回は南向きの土地のメリットとデメリットについてご紹介します。

□南向きの土地のメリット

南向きの土地には主に以下の3つのメリットがあります。

・南側に大きな開口部や窓を設置することで1年を通じて昼間の時間帯に建物が明るくなる
・特に冬になると室内に陽光が行き届きやすくなり、室内の温度が上昇する
・南向きのベランダや干場の洗濯物はすぐに乾く傾向にある

□南向きの土地のデメリット

逆に、南向きの土地には以下のようなデメリットもあります。

・南向きの土地は人気であるため、購入価格が高くなっている場合がある
・南向きの部屋は家具に直接日光が当たりやすいため、退色する可能性がある
・作業を行うには、南向きの部屋は明るすぎるということがある

□土地の向きごとのメリットとデメリット

そもそも土地の向きとは敷地に面する道路の方角のことを意味します。
道路がどの方角で敷地に面しているかによって決まり、東側に道路があれば東向きの土地と言います。
南向き以外の土地の向きごとのメリットとデメリットも紹介するので、ぜひ土地の向きを考える際の参考にしてください。

*東

メリットは、朝から日当たりが良いため、冬はすぐに部屋が暖かく、明るくなります。
また、朝早くに洗濯物を干せます。
デメリットは、朝から日差しが強いことと夕方は寒く暗くなりやすいことです。

*西

長時間、日が当たるため、布団や洗濯物を干しやすいというメリットがあります。
また、冬は夕方も部屋が暖かく、夕日が部屋から見られます。
デメリットとして、朝方が寒いことと西日がまぶしいため夏は夕方まで暑いことが挙げられます。

*北

メリットは、リビングのプライバシーが確保できることです。
また、床や外壁が紫外線での劣化を起こしにくいです。
さらに、夏は涼しく、物件価格は安い傾向にあります。
デメリットは、冬が寒く、日中から照明が必要なことがあることです。

□まとめ

今回は、南向きの土地のメリットとデメリットについてご紹介しました。
当社は群馬県高崎市を中心にお客様の不動産売買のサポートを行っている会社です。
お客様の希望に沿ってスケジュールを組み、不動産の購入や売却のお手伝いをさせていただきます。
高崎市にお住まいで住宅や土地を売却したい方がいらっしゃったら、ぜひ当社へお問い合わせください。