不動産市場

前橋市の空き家支援制度とは|空き家を活用しよう

前橋市で空き家をお持ちの方で、有効活用したいと思っている方はいらっしゃいませんか?
実は前橋市には、そんな皆さまにピッタリの支援制度があるんです!
そこで今回は、前橋市の空き家支援制度についてご紹介します。

□前橋市の空き家支援制度

*サービス面での支援

前橋市では平成27年度から空き家活用センターを開設し、本格的に空き家の対策に取り組み始めました。
活用センターには、市内にある空き家について広く相談を受け付けており、どうやって空き家を活用すればいいかなどのアドバイスを得ることができます。
また、空き家利活用ネットワークという事業が始まり、空き家を持っている人に、空き家を取り扱ってもらえる不動産会社を探すサービスが行われています。

*費用面での支援

平成30年度には5種類の空き家補助事業が行われました。

・リフォーム補助(居住支援)事業
1年以上居住のない空き家を、住居として活用するための改修費用に対して補助金が出ます。
援助金は最大100万円で、前橋市内にある業者にリフォームを頼むなどの要件を満たす必要があります。

・リフォーム援助(特定目的活用支援)事業
1年以上居住のない空き家を、地域のコミニュティスペースなど、地域の活動拠点として改修する費用に対し補助が出るというものです。
居住支援よりも最大支給金額が200万円と2倍になります。

・二世代近居・同居住宅建築補助事業
1年以上居住のない空き家を両親や子どもと近居又は同居するために、取り壊して跡地に住宅を新築する、またはリフォームする時にかかる費用に対して補助が出るというものです。
最大で120万円の補助金額が支給され、対象者の要件を満たせば、誰でも利用で切ることができます。

・老朽空き家対策事業
昭和56年5月31日以前に建築され倒壊の危険がある、または特定空き家となる可能性がある1年以上の空き家を解体する費用に対し補助するというものです。
持っている空き家の状態が非常に悪い場合に利用できる補助制度で、空き家をきれいにしようと思っている人におすすめのサービスです。
またこのサービスを利用すると、固定資産税免除を外される「特定空き家」への指定を防ぐことが出来ます。

□おわりに

今回は、前橋市の空き家支援制度について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
思った以上に充実した制度に驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
これをきっかけに、前橋市の支援サービスを上手に利用して、ご自分の空き家を有効活用してみてくださいね!