不動産市場

前橋市の不動産屋が解説!古家付きの土地を売却する際のポイントとは?

前橋市で古屋付きの土地を売却したい方もいらっしゃいますよね。
古屋付きの土地を売却するなら、メリットやデメリットを理解しておくとよりスムーズに売却できるでしょう。
また、古屋付きの売却ではいくつかの注意点もあります。
今回は、古屋付きのメリット・デメリットや注意点について、ご紹介します。

 

□古屋付きのメリットとデメリット

古屋付きの土地を売却する際のメリットとデメリットについて知っておきましょう。
まず、一番のメリットは解体費用がかからない点です。
家を解体する際には1坪あたり3万円以上かかり、広い土地であるほどコストがかかります。
そのため、売却する前にかなりの金額を負担する必要があります。
古屋付きで売却するとこの費用を節約できるでしょう。

また、解体前に所有者が不用品の分別をする必要があり、かなりの手間がかかります。
手間やコストの面からのメリットは大きいと言えるでしょう。

しかし、デメリットもあります。
建物の欠陥に関してトラブルが起こる可能性があるのです。
古屋付きで売却した場合、売り主側には瑕疵担保責任が課されます。
これは、古屋に居住する上で欠陥が見つかった場合、売り主が責任を負うという内容を定めたものです。
ただし、古屋を売却する際に買い主と話し合うことで瑕疵担保責任を回避できるケースもあります。
古屋付きに魅力を感じる方もいらっしゃいますが、このような点から逆に良くない印象を持たれる可能性もあるので注意しましょう。

 

□古屋付きの土地を売却する際の注意点

古屋付きの土地を売却する際にはいくつかの注意点を理解しておくと安心です。
まず、境界明示ができる状態にしましょう。
確定測量図があればすべての境界が確定済みなので明示が可能です。
しかし、古くから持っている土地の場合、境界が確定していないかもしれません。
この場合はまず、測量を行い、境界明示ができる状態で売却しましょう。

次に、瑕疵担保責任を免責しましょう。
瑕疵担保責任は買い主が同意すれば、免責できます。
そのため、売り出す際に瑕疵担保責任は全部免責という条件で売り出しましょう。
土地の売却を決めた際に不動産会社に瑕疵担保責任のことをきちんと伝えておくと良いでしょう。

最後に、ゴミは処分しておきましょう。
買い主が壊すのだからゴミは残してもいいだろうと思うかもしれませんが、それは避けるべきです。
家のゴミは一般廃棄物に分類されます。
ところが、解体の業者は一般廃棄物の運搬に関する許可を持っていないことが多いのです。買い主のためにもゴミはすべて処分しておきましょう。

 

□まとめ

今回は、古屋付きのメリット・デメリットや注意点について、ご紹介しました。
古屋付きのメリットとデメリットのどちらも考慮した上で自分に合う判断を下すと良いでしょう。
売却する場合は今回紹介した注意点に気をつけてくださいね。