不動産市場

前橋市にお住まいの方必見|太陽光発電への投資は何年で回収できる?

「太陽光発電の初期費用が高くて、なかなか手を付けられない。」
「太陽光発電への投資は、何年で回収できるのだろうか。」
そんな思いをお持ちではないでしょうか?
「経済効果があり、環境にも優しい太陽光発電の導入を考えているけど、初期費用が少し高くて悩んでいる。」という方は多くいらっしゃると思います。
やはり、経済効果があるといっても、太陽光発電へ投資して、本当に元は取れるのか心配になりますよね。
そこで今回は、太陽光発電への投資は何年で回収できるのか解説していきます。

・太陽光発電への投資は何年で回収できるの?

初期費用が少し高めな太陽光発電を導入するためには、何年で投資した金額が回収できるのかは知っておきたいですよね。
投資の回収の目安となる年数としては、7年~12年となります。
ただし、「発電パネルの大きさ」、「設置する方角」、「住んでいる地域」などによって、投資の回収ができるまでの期間は異なります。
確かに、太陽光発電の初期費用は安いとは言えません。
しかし、投資の回収が終わり次第、毎月の電気料金が無料になるので、「電力の自給自足」も夢ではありません。

・太陽光発電への投資の回収期間を知るためには?

前述したように、太陽光発電への回収期間の目安になるのは「7年~12年」となります。
さらに、詳しく投資の回収期間を知りたいという方は、次のような点を参考にしてみてください。

□導入するモジュールの大きさを確認する

導入するモジュールの大きさは、ご自宅の建坪や形によって異なるので、設置する際に業者に調べてもらうと良いでしょう。

□年間発電量を確認する

年間の発電量は、設置する地域や方角によって異なるのですが、目安として次のような計算方法で求められます。

「年間発電量=設置モジュール(kWh)×1000」

□売電価格を確認する

太陽光発電で発電した電力のうち、ご自宅で使いきれなかった電力を売電できます。
その際に、どれくらいの売電収入を得られるのかを確認しておくと良いでしょう。

投資回収年数を詳しく求めるには、上記の内容を参考にして以下の式で計算してみると良いでしょう。

「投資回収年数=太陽光発電の設置価格÷年間予想発電量×(電気料金〈円/kWh〉×自家消費率+売電単価〈円/kWh〉×売電率)」

以上の式をご自分で投資回収年数を求めるときの参考にしてみてください。

◇最後に

今回は、太陽光発電への投資は何年で回収できるのか解説していきました。
太陽光発電の導入を考えている方や悩んでいる方は、上記の内容を参考に「回収期間」を求めてみることをおすすめします。