不動産市場

前橋市で空き家の売却を検討している方へ!売れない理由を解説します!

空き家を売却しようとしているけれど、なかなか売れなくてお困りの方はいらっしゃいませんか。
普段から不動産を扱っておらず、慣れていない方は特に困っている方が多いと思います。
そこで今回は、前橋市の業者が空き家が売れない理由を解説します。

□空き家が売れない理由とは

誰も住んでいないのに放置している家を売り払おうと考えているけれど、売れなくてお困りの方も多いですよね。
まずは、売れない原因を分析して対処できるようにしましょう。

*立地的な問題や広さの問題がある

立地に関して、売りたい土地が田舎にあったり、不便な場所にあったりすると買い手が見つかりにくいことが多いです。
ここで重要なのは、その土地を欲している人がどのような人なのかを考え、ターゲティングすることです。
例えば、同じような広さで都会と田舎の家があれば、若い世代は都会を選ぶ方が多いのではないでしょうか。
そのため、田舎にある空き家を若い方や家族連れに向けた家として宣伝するのは効果的にならない場合が多いです。

また、土地が広いと固定資産税が高くなることがあります。
加えて、雪がよく降る地域では雪かきが大変になってしまいます。
土地が広いことは必ずしもメリットになるわけではないことを踏まえて、工夫して土地を売るようにしましょう。
例えば、土地を分けて売るのも1つの方法かもしれませんね。

*価格が不適正である

空き家が売れない場合は、ご自身が感じる家の良さと客観的に見た家の良さで差がある可能性があります。
また、価格が高いだけでなく、安く設定しすぎている場合も注意が必要です。
相場に見合っていない安すぎる価格の家が売られていても、何かあるのではないかと不安に思ってしまう方が多いでしょう。

□空き家が売れない時の対策を紹介します

次に上記のような原因を踏まえて、どのような対処方法があるのか紹介します。

まずは、建物部分を解体して更地にする方法が挙げられます。
建物部分の劣化や年数の経過が理由で売れない場合は、更地にして売却するのも良いでしょう。

次に、優良な会社に依頼するようにしましょう。
不動産会社の選択は空き家売却のキーポイントと言っても過言ではありません。
その会社のホームページを確認して、口コミを見るだけでなく実際に売却してもらった人の話を聞いてみても良いでしょう。
優良な業者であれば、わからないことはすぐに相談に乗ってもらえますし、満足のいく売却ができるように手を尽くしてもらえるでしょう。

□まとめ

今回は、空き家が売れないことでお困りの方に向けて、その原因と対処方法を紹介しました。
本記事で紹介した内容を踏まえて、ご自身の都合に適した対策を実施してみてください。
また、当社でも電話やメールでご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。