不動産市場

前橋市で土地を放棄したい方に具体的な方法を紹介!

「特に使い道がない土地を所有していて困っている」

「放棄するためにどうしたら良いか知りたい」

このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。

要らない土地に関するお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、土地を放棄したい方に向けて具体的な方法をご紹介します。            

 

□要らない土地は持っているだけで損をする!

 

要らない土地を持っているが、先祖代々引き継がれているため、そのまま放っておいているという方もいるでしょう。

しかし、実際に持っているだけで損をしてしまいます。

では、どのようなことで損をしているのでしょうか。

損になる原因を3つご紹介します。

 

まず1つ目は、固定資産税です。

固定資産税は、不動産を所有している人に課される税金です。

山林などの場合は毎年の固定資産税は安いかもしれません。

しかし、それが何年も続くとなると大きなコストになります。

 

2つ目は、管理の手間です。

誰もその土地を使用しない場合、雑草が生えたままになったり、不法投棄をされたりして近所にも迷惑がかかります。

そのため定期的な管理が必要になるでしょう。

その管理にかかる時間と手間が大きな負担になってしまいます。

 

3つ目は、損害賠償のリスクです。

土地が崖崩れにあったり、建物が倒壊して誰かに怪我をさせたりすると、例え使用していないとはいえ、損害賠償責任を負います。

 

□要らない土地を放棄する具体的な方法とは?

 

次に、土地を手放す方法を3つご紹介します。

 

*売却する

 

手放す方法の中で1番オススメなのが売却です。

現在は、インターネットが普及しているため全世界に向けて販売できます。

ご自分ではほとんど価値がないと思っていても、誰かにとっては価値を感じるものかもしれません。

そのため、売れないと決めつけずに、一度売却を検討してみてはいかがでしょうか。

 

*譲渡する

 

無料でも良いからもらってくれる人がいれば譲りたいという場合は譲渡する方法があります。

土地を譲渡する場合、法律上は贈与するという扱いとなります。

この贈与は口頭でも成立しますが、書面で明確にしておくほうが良いでしょう。

 

*寄付する

 

売却や譲渡の他に、地方自治体や公益法人へ寄付も可能です。

しかし、どんなものでも寄付できるわけではないため注意しましょう。

申し出をした上で、それが承認されなければ寄付はできません。

 

□まとめ

 

今回は、土地を放棄したい方に向けて具体的な方法をご紹介しました。

要らない土地を持っているだけでは様々なコストがかかる上に、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そのため、もし手放したいと考えている場合は、一度売却を検討してみてはいかがでしょうか。