不動産市場

一戸建て賃貸と持ち家どっちにするべきかお悩みの方必見!2つの違いとは?

一戸建て住宅を手に入れるとなると、賃貸にするか、持ち家にするかといった選択があります。
どちらが適しているかは購入する方の要望によって違います。

「自分に適しているのがどっちなのかわからない...」

という方に最良の選択をしてもらうために、今回は、賃貸と持ち家の違いをご紹介します。

□賃貸と持ち家の違いは?

*初期費用額

一戸建ての賃貸の場合は、固定資産税と都市計画税、頭金を支払う必要がないので初期費用が圧倒的に安く済みます。
必要なのは敷金・礼金、そして仲介手数料などで、そこまで高額なものはありません。
持ち家の場合は、どうしても頭金としてある程度の額を支払わなければなりません。

*購入後の支払い額

長い目で住居費を見た場合、持ち家の方が安く済みます。
例えば、住居してからの50年間の総費用を比べた場合、賃貸の方は定期的に同じ額を払い続けなければならないので、結果的に高くなってしまうのです。
また、購入した場合は、購入した時点でかかる総費用が明確になり、返済計画を立てることができるのです。
子供の教育に当てる費用や老後の貯蓄などの準備をしておくことも大切です。

*資産として残るかどうか

持ち家のメリットとして、購入した家は自分の資産として残すことができます。

□それぞれどのような人に適しているのか?

賃貸に適しているのは、転勤が多く、その家に長く住む予定のない人です。
購入に比べてそこまで手続きなどに手間がかからず、引っ越しも短期間でできるのでスムーズに住み替えを終わらせることができます。
それ程長い間住まないのならば、賃貸のほうが断然費用も安く済みます。
中には、長く住む予定の方でも、ご近所トラブルや事故に巻き込まれることがないとは言い切れないので、そのようなリスクを考えて賃貸を選択する方もいらっしゃいます。
まだ経済的に安定していない、夫婦ともに年齢が若いうちは賃貸でも良いかもしれませんね。

それに対して、持ち家に適しているのは、何十年もその家に住む予定の人です。
先程説明したように30年、40年後のことを考えると総費用は購入した場合の方が安く住むからです。
また、ローン返済の計画もしっかり立てられるので安心した老後を送ることができます。

□最後に

今回は、一戸建て賃貸と持ち家の違いについてご紹介しました。
どちらかで迷っている方は、それぞれのメリットとデメリットを把握し、まずは自分が重視するポイントを明確にすることが大切です。
そして、自分のニーズに合った選択をしましょう。
後悔することがないように将来計画をきちんと立てておくこともとても重要です。

ビーグル不動産では、高崎市・前橋市を中心に豊富な不動産情報を持っており、お客様のご希望に合った住宅を提案しています。
理想のマイホームを手に入れたい方は、ぜひ、ビーグル不動産へお問い合わせください。